新潟県の「タレカツ丼」

ランキング画像

新潟県の「タレカツ丼」

通常、「カツ丼」といえば玉子でとじられているのが一般的ですが、新潟県で「カツ丼」を頼むと、「タレ」がかかったカツ丼が出てきます。
私は県外から新潟県に移住したので、最初は玉子のないその姿に戸惑いましたが、今となっては、独特の甘みのある「タレ」がたっぷりかかったカツ丼がなくては生きていけないほどです。

 

新潟県内のなかでも、新潟市は特にたれカツ丼の文化が盛んで、市内には多くの有名店があります。醤油ベースの甘辛いタレは、その香りを嗅ぐだけで食欲が刺激されます。
ご飯の上に、キャベツなどを敷かずにタレをまとったカツが乗っているので、タレが沁みこんだご飯を楽しむのも魅力です。

 

「とんかつ太郎」はタレかつ丼発祥のお店として有名で、タレかつ丼の知名度を格段に高めた立役者のような存在です。
「とんかつ太郎」の店舗は、新潟市の中心部である中央区古町にあり、カツ丼をはじめ、定食やカツカレーといった人気メニューがあり、食事どきには多くのお客さんで賑わいます。また、ネット通販で「おみやげセット」を手ごろな価格で提供しており、新潟県から遠い人にも便利です。

 

また、地元の方々に根強い人気を誇るのが、新潟大学前の「かねこ」です。学生が多い地域だけに、カツが二段になって入っていてボリューム満点ですが、タレの旨みが絶妙で、女性でもペロリと食べられてしまいます。満席の時が多いので早めに行かれることをお勧めします。
少し離れたところに2号店もあります。

 

ぜひ、新潟県で素敵な人と出会ったら、2人で「タレカツ丼」を味わってみてください。